たかが着物されど着物

無駄がない着物の補正術

身近にあるタオルや手ぬぐいを利用したり、紐の正しい使い方をマスターすれば、着物の補正のために小物を購入する必要はありません。基本を押さえておけば、美しい着物姿を身につけることができます。 着物の理想的な体型はハト胸です。胸の上部に厚みが足りないことが多いので、胸の補正をします。綿製のハンカチや手ぬぐいをお札大に折りたたみ、肌襦袢のデコルテ部分にテープで貼ります。和装ブラジャーやスポーツブラに挟んでも良いでしょう。タオルは太って見えるので、ハンカチや手ぬぐいがおススメです。 また、肌襦袢は単なる肌着ではなく、バストをしっかりと包んで、胸元の補正をするという役割があります。バストのトップが上前、下前で隠れるようにきちんと合わせて、長襦袢を着たときに隠れる位置まで襟を抜きます。 そして裾よけは単なる下着ではなく、正しい方法で巻けば、お腹を引き締め、ヒップを上げる和風コルセットになるもので、体に巻きつけるときに上前、下前を斜め上に引き上げることで裾すぼまりになり、下腹の肉を縮めて、お尻の肉も持ち上げます。